Friends -友達-Friends -友達-

vol.1「気仙沼女子会」

~写真は宝物~

幸子さん「…お話してて辛いのは、ちっちゃいときの写真がないじゃないですか。ビデオとか、成長の記録とか。宝物じゃないですか」
圭恵さん「3番目の写真がほとんどなくて」
幸子さん「お友達、焼き回ししてくれませんでした?」
圭恵さん「してくれた。運動会のとかね」
幸子さん「今でも三陸新聞に、流れた写真探してますって、載ってますね。大事な一枚なんですよね」
圭恵さん「3冊くらいアルバム戻ってきました」
果歩「そんなアルバムって見返すものじゃないけど、実際失ってみたら見たくなるし、取り返したくなるものだよね。だから避難場所まわったときに、みなさんが写真や思い出が無くなってしまったとニュースで言ってたから、とにかく記念写真をって、会う人、全部の人と写真を撮って、それを現像して避難所に送って、一枚でもその写真を持っててもらおうってやってたの。私達との写真でも思い出の1枚にして頂ければと思って。」
圭恵さん「やっぱり写真っていいですよね。そのときの事思い起こす」
果歩「だってさっき撮った写真だって、あ、これっ!て思い出すから…」
幸子さん「ああ、何か本当、今、嬉しい。果歩さんのおかげよ。そうじゃないと出て来れないでしょ、気仙沼で」
圭恵さん「私も前回も呼んでもらったのに来れなくて、子供が小さくて、本当来られて嬉しい、今」
果歩「じゃあ、みんなで写真撮ろう、今を撮ろう」

気仙沼女子会、さいごは果歩さんを囲んでみんなで記念写真です。
共有した時間がぎゅっとつまった、ステキな写真が一枚が増えました。