Information -最新情報-Information -最新情報-

  • 「Rules of Living」
    グレッグ・デール監督作品
    主演:南 果歩 グレッグ・デール 河北麻友子 すみれ 宮瀬なこ 
       ジェフリー・ロウ ヴィネイ・マーシー 椎名桔平 
    製作:ジェフリー・ロウ

    アリゾナ国際映画祭
    (第30回セドナ国際映画祭 米国アリゾナ州)ワールドプレミア
    2024年2月28日(水) |午後7時10分 |ハーキンス 2
    3月1日(金)|午前10時10分 |ハーキンス 2
    場所: ハーキンス 2 シアター
    住所: 2081 Highway 89A、Sedona、アリゾナ
    https://t.ly/bOP7K

    ジェフリー・ロウさん INSTAGRMより
    @jrdoesjp
    [Announcement of World Premiere at SIFF 2024]

    Friends and film lovers all round the world, we at Mirus Pictures, Tinstar Arts and Tokyo Bay Films are incredibly grateful and proud to announce that our film, RULES OF LIVING (113 mins, the 1st feature film by director Greg Dale), has been chosen for competition for its World Premiere at the 30th Sedona International Film Festival (Arizona, USA).

    Rules of Living, a deep, character-driven story that crosses cultures, is about friendship and rediscovering oneself at mid-life. It’s in both Japanese and English and stars Kaho Minami, Greg Dale, Mayuko Kawakita, Sumire (Matsubara), Jeffrey Rowe, Vinay Murthy and Kippei Shiina.

    We need your help to let the people of beautiful Sedona, Arizona, hear about our film. If anyone reading this post knows anyone in that neck of the woods, please feel free to share this information with them.

    Our World Premiere screenings are scheduled for:

    Wed, Feb 28 | 7:10 pm | Harkins 2
    Fri, Mar 1 | 10:10 am | Harkins 2
    The Location: Harkins 2 Theatres
    The Address: 2081 highway 89A, Sedona, Arizona

    Tickets are on sale for the public from today, Feb 19th → https://t.ly/bOP7K

    We appreciate you all and will keep you all updated with the comings and goings of our festival circuit run and when you’ll be able to see the film in theatres. Domo arigato gozaimasu!

    私たちの映画『ルールズ・オブ・リビング』(113分、グレッグ・デイル監督の初長編)が上映されたことを発表できることを非常に感謝し、誇りに思っています。第30回セドナ国際映画祭(米国アリゾナ州)のワールドプレミアコンペティション部門に選出されています。

    『ルール・オブ・リビング』は、文化を超えたキャラクター主導の深みのある物語で、友情と中年期の自分自身の再発見についての物語です。日本語版と英語版で、南 果歩、グレッグ・デイル、河北麻友子、すみれ(松原)、ジェフリー・ロウ、ヴィネイ・マーシー、椎名桔平が出演します。

    美しいアリゾナ州セドナの人々に私たちの映画のことを知ってもらうために、あなたの助けが必要です。この投稿を読んでいる人がその森の首にいる人を知っている場合は、お気軽にこの情報を共有してください。

    ワールドプレミア上映は以下の日程で予定されています。

    2月28日 水曜日 |午後7時10分 |ハーキンス 2
    3月1日 金曜日 |午前10時10分 |ハーキンス 2
    場所: ハーキンス 2 シアター
    住所: 2081 Highway 89A、Sedona、アリゾナ

    チケットは本日2月19日より一般発売→ https://t.ly/bOP7K

  • 映画「ら・かんぱねら」鈴木一美監督
    2024年2月6日 製作発表 今秋公開予定
    出演:伊原剛志さん 南 果歩   ほか

    「NHK WEB」NHK NEWS WEB
    “のり漁師のピアニスト”がモデル 出演者発表 今秋公開へ
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/20240206/5080016480.html
     
    映画「ら・かんぱねら」は佐賀市でのりの養殖業を営む徳永義昭さんをモデルにしたもので、6日は鈴木一美監督などが佐賀市で製作発表の記者会見を行いました。
    映画のモデルの徳永さんは52歳のときにピアノを始め、プロでも難しいとされるリストのピアノ曲「ラ・カンパネラ」を習得して「奇跡のピアニスト」と呼ばれ、俳優の伊原剛志さんが徳永さんの役を務めることになっています。
    徳永さんの妻の役に南 果歩さん。(サイトより)
     
     
    「毎日新聞」毎日新聞社
    「奇跡の漁師ピアニスト」映画化 伊原剛志さん主演 佐賀で撮影
    「KBC」九州朝日放送株式会社
    ノリ漁師の「ラ・カンパネラ」 挑戦が映画に
    https://kbc.co.jp/news/article.php?id=11811429&ymd=2024-02-06

    「Yahooニュース」LINEヤフー株式会社
    ノリ漁師の「ラ・カンパネラ」 挑戦が映画に

    https://news.yahoo.co.jp/articles/da19fac48d67383e1ff934a4bf1917e36a7c8f61

  • 韓国映画『そばの花の咲く頃
    映画・舞台
    主演:南 果歩
    2024年公開予定

    ディスカバリーニュース=イ・ミョンス記者]パチンコに出演し、韓国の観客にも馴染みのある南 果歩が映画「そばの花咲く頃(制作:平和発電所)」に出演する。

    「そばの花が咲く頃」は、韓国人なら誰でも知っているイ・ヒョソクの名作小説で、これまで映画や演劇、ドラマはもちろんアニメでも制作された。原作者のイ・ヒョソクが韓国語はもちろん日本語でも発表した「そばの花咲く頃」は、日本でもかなりの認知度を備えた韓国小説で、今回は南果歩をはじめとする日本の俳優たちが主軸となって映画はもちろん演劇でも制作する予定だ。

    2004年に日本文化が開放されて以来、日韓の活発な文化交流で韓国映画に日本の俳優が出演する事例は度々あったが、韓国の名作小説を原作にした映画に日本の俳優たちが韓国語で参加する場合は、最初に大衆から多くの関心を集めている。

    「蕎麦の花が咲く頃」という文化交流を通じて、近くて遠い国である韓国と日本がお互いに感動の空間を設けることを期待する。

    映画と演劇の主演で参加する南 果歩は、大学在学中だった1984年のオーディションで2200人の中で主演に抜擢され、映画界にデビューした。その後、映画60本、ドラマ100本、演劇20本以上に出演し、日本の代表女優として位置づけられた。南果歩は日本で演技活動以外にも様々なボランティア活動で有名だ。

    南果歩は在日3世という自分のアイデンティティを堂々と公言してきたが、在日同胞一家の話を描いた演劇「パーマ屋スミレ」に主演で2度上演した。南果歩の南は、母の韓国の苗字である「英陽南氏」を日本語で読んだものだという。

    「蕎麦の花が咲く頃」を感動深く読んだという南 果歩は「韓国で蕎麦が有名なように、蕎麦をよく食べる日本でも蕎麦はよく知られており、江原道奉平のように蕎麦の花で有名な名所もある。日本人の感性で韓国人の情緒を共感できるように演技して、韓国の観客はもちろん日本の観客の感動まで引き出す」と出演の感想を明かして、「韓国語で演技しなければならない困難もうまく克服していきたい」と言った。そして「100年前の韓国を背景とする「そばの花咲く頃」は、現在を生きていく私たちにも意味するところがあると思う。韓国の名作小説が新たに脚色されて斬新な解釈で紹介されることを期待する」と言った。

    一方、日本の演技者20人余りは演劇と映画の出演のために1年以上オンラインで韓国語を練習した。そして去年の3月、コロナによって延期された韓国訪問を通じて、韓国で映画のシナリオと演劇の台本で演技ワークショップを持って本格的な制作準備に突入した。

    製作会社平和発電所のキム・ヨンホ代表は「蕎麦の花が咲く頃」は2023年の演劇で、まず韓国と日本の観客に披露する。映画は蕎麦の花が咲く9月中に映画の事前撮影を皮切りに、2024年の各種映画祭に出品と同時に公開する予定だと言った。

     

    ◆ORICON NEWS
    59歳の南 果歩のチマチョゴリ姿「美しい」「めっちゃかわいい」人生何が起こるか…韓国映画に主演決定
    https://www.oricon.co.jp/news/2279467/full/

    ◆佐賀新聞
    59歳の南 果歩「人生は何が起こるか…」韓国映画に主演決定「チマチョゴリ凄くお似合い」と期待高まる
    https://www.saga-s.co.jp/articles/-/1038102

    ◆秋田魁新聞
    俳優の南 果歩(59)が18日、自身のインスタグラムを更新。韓国映画『そばの花の咲く頃』に主演することが決まったと報告し、チマチョゴリ姿を披露した。
    https://www.sakigake.jp/news/article/20230518OR0081/

    ◆沖縄タイムス
    南は「やっと情報解禁になりました」と切り出し、現地報道を引用する形で「準備を進めてきた韓国映画『そばの花の咲く頃』に主演させて頂くことになりました!! 素晴らしいご縁を頂き、本当に感動しています」と伝えた。
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1154078

    ◆千葉日報
    韓国映画に主演決定 59歳の南 果歩のチマチョゴリ姿
    https://www.chibanippo.co.jp/life/oricon/1059922

    ◆@niftyニュース
    59歳の南 果歩のチマチョゴリ姿「美しい」「めっちゃかわいい」 人生何が起こるか…韓国映画に主演決定
    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-2342226/

  • MISS OSAKA/ミス・オオサカ』ダニエル・デンシック監督
    出演:森山未來、南 果歩、阿部純子
    日本、デンマーク、ノルウェー合作
    2022年10月21日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国にて順次公開